退院しました。。。。

◆◇◆◇◆◇◆ ◆◇◆◇◆◇◆ ◆◇◆◇◆◇◆ ◆◇◆◇◆◇◆ ◆◇◆◇◆◇◆
雑穀アドバイザー持田怜美(SATOMI)がお教えする
募集中・・・・・雑穀教室(基礎編)(8~9月,9~10月)         
         ①8~9月水曜日コース・・・8月18日、9月15日
          ②8~9月土曜日コース・・・8月21日、9月25日
          ③9~10月火曜日コース・・・9月7日、10月5日
<雑穀料理を美味しくするポイントお教えします♪>
◆◇◆◇◆◇◆ ◆◇◆◇◆◇◆ ◆◇◆◇◆◇◆ ◆◇◆◇◆◇◆ ◆◇◆◇◆◇◆

お元気でいらっしゃいますか?
ご無沙汰しております。

***************************************
お客様 並びに お取り引き様 各位

この度は、お客様並びにお取り引き様に大変、
ご迷惑そしてご心配おかけ致しまして、
大変申し訳ございませんでした。

私、先月下旬より体調を崩し、末より入院致しまして、
退院してまいりました。
退院後、すぐにでも仕事をと思って、退院して参りましたが、
頭で考えていたもとは別で、まだ体が完全ではございません。

誠に申し訳ございませんが、出来るところから、
仕事を再開させて頂きますので、
しばらく ご迷惑をおかけする事が
あると思いますが、お許し下さいませ。

どうぞ宜しくお願い致します。  持田怜美

************************************

先月下旬より腹部の痛みがありつつ、数日薬を飲みだましまししておりましたが、
月末に病院へ参りましたら、即入院になりました。

春にも同じような事がありましたので、今回、検査致しましたら、
虫垂が主な原因で大腸小腸が腫れている事がわかり、手術する事に致しました。

今回、知った事なのですが、人間の体はよく出来ていて、
例えば虫垂を例で言いますと、痛みが出ても、切らずに治し、また痛んで、治してを
繰り返すうちに、まわりの内蔵が虫垂のまわりに癒着してきて、カバーするそうなのです。
そうなると、いざ手術のとき 虫垂に小腸や大腸などが癒着して はがれにくくなり、
手術の時に、まわりの内蔵を傷つけてしまう可能性が大きいそうなのです。

私の場合は、体の抵抗力が落ちたときに、またすぐ痛みが出て、
同じ事のくりかえしになるだろうと言われ、即、手術を決めました。

虫垂は、不要な内蔵だと 一般的によく言われておりますが、
小腸や大腸を支えているきちんとした役目があるので、
この話を聞くまでは、出来れば切らなくて済むならと思っていましたが、
今後の事も考え決めました。

ここ何年、薬をほとんど使っておりませんでした私には、
薬付けの毎日で、人よりも薬が効くのでしょうか、
入院中、手術後に使用した痛み止めなどの薬が、
効きすぎて吐き気など気分が悪くなったり トイレで
具合が悪くなったりして、看護婦さんに 何度かお世話になりました。

外科病棟だったので、手術された方がほとんどで、
入院されている方々と色々お話をさせて頂きましたが、
毎日のお食事が、「大切だなぁ」とつくづく感じました。

そして、食べられる事、痛みがなく生活できる事が
どれだけありがたい事か、痛感致しました。

どんな物にも感謝を忘れないようにしたいと思います。

まだまだ暑さが続きます。
皆様も、お体にお気をつけてお過ごし下さいませ。

今後も、どうぞ宜しくお願い致します。
by milletche | 2010-08-09 14:01 | その他 | Comments(0)

現在まだ8人しかいない    雑穀クリエイター        持田怜美(SATOMI)の        雑穀生活いろいろ・・・


by milletche
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30